スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かな~りほったらかしておりました

1年以上、放置したままでしたが、リニューアルしました。と、言ってもタイトルを変更しただけですが。

去年からヤマダ電機の子会社であるヤマダゲームスが展開する携帯SNゲー「聖剣伝ラグナ・クロス」のプレイを開始し、早1年。
その後、同社の「三国キッス」にリソースを振り向け、さらに同じく同社の「聖王伝バトルグレイル」にも手を出しました。
マピオンの「ケイタイ国盗り合戦」は一応やってますが「ニッポン城めぐり」は完全放置してます。

そんなこんなで、ここ最近は寝ても覚めてもケイタイ握り締め状態(苦笑)で来ております。
ちょっとビョーキかもな~(苦笑)
スポンサーサイト

発見!ニッポン城めぐり

「国盗り」の国友に誘われて、完全無料の携帯SNS「発見!ニッポン城めぐり」に登録しました。
「国盗り」との違いは、純粋な位置ゲーということでしょうか。
日本全国津々浦々にかつてあった城跡の付近で「城攻め」するとその城を攻略したことになります。
攻略できる城の数は全国に3,000と「国盗り」の600国より多い。
さらに「国盗り」は国を盗ったからと言ってただカウントされるだけ(称号はもらえるにせよ)、だが「発見!」では攻め取った城に応じて石高が加算される。この石高に応じて召抱えられる家臣の数が決まる。そう、家臣をコレクションできる。「国盗り」におけるチャンバラの大名カードと似たような位置づけになるのか?
余談だが「国盗り」チャンバラの武将カードは、知ってるひとは知ってると思うが、位置ゲーとは全くかかわりがない。一切移動せずとも、いくらでも取得可能である(金と時間をつぎ込めれば、であるが)。
また同じ城を一月に攻略した回数が一番多いと、次の月に「城主」に就任できる(らしい?登録したばかりなのでまだシステムを良く理解できていない)。「城主」を維持するためには城主に就任している間も、他のライバルより多く「城攻め」し続ける必要がある。ま、城を中心にある程度の距離の移動を繰り返すことで何度も城攻めは可能なようである。う~ん、モバイルwifiルータを契約して月々のパケット代を節約しなくちゃかな~?
いっそ乗り換えてしまおうかな?うん?「国盗り」→「発見!」ではなく「固定ADSL+無線LAN」→「モバイルwifiルータ」のことですよ。

ただモバイルwifiルータは大容量データのダウンロードをすると、速度制限がかかるらしいのでどうかな~?とも思う。

「発見!ニッポン城めぐり」のサイトはこちら

ひさしぶりの更新

一月ほどのご無沙汰でした。いよいよ「冬の陣」が始まりました。

先日、群馬は中之条へ出かけましたが、中之条で「草津温泉」は買えますね。
450コバンで商業が中UPか。ちょっと微妙な価格。
普通の建物のほうの「温泉」は自然が中UPなのに、何が違うのかな?
ゆもみショーの絵だから、商業が該当するということかも。

温泉に浸かるにはいい時期ですね。夏場はぬるめの湯が恋しかったけど、もう熱い湯の時期だな。
熱い湯と言えば、やっぱ長野の野沢温泉がイチオシ。
毎回、共同浴場全制覇を目指すのに、途中で体力の限界を思い知らされます(苦笑)

じぃは取れました・・が

じぃはLv25まで強化しない限り最弱レベルなので、強化を開始しましたが赤勾玉とコバンが足りない!
しばらくは漫遊とスロットコバン狙いの合戦参加が続きそうです。

11/22はいい夫婦の日ということで、それにちなんだ距離ガチャ「いい夫婦大将ガチャ」が始まりました。
早速チャレンジしたところ、10km×2であっさりコンプリート。
その代わり、初回のみ100クニポの「いい夫婦クニポガチャ」はよりによって、黒勾玉でした!(怒)
もうクニポガチャは引かん!!

23日

今日はいい天気で絶好の行楽日和だと言うのに、「ケータイ国盗り物語」ではチャンバラのイベント合戦「じぃ争奪戦」の最終日。
なので、午前中はケータイの画面とニラメッコ。午後は買い物に出かけましたが、先ほど帰宅してまたケータイの画面とニラメッコ。
泣いても笑っても今日の24:00で決着です。
明日からは順位を気にせずに済むな・・。

通常合戦は、参加登録のみであまり気を入れてはやってないので。
ほぼスロットコバン狙いだけで参加してます。
プロフィール

紺碧七

Author:紺碧七
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。